FC2ブログ

池田鍼灸治療院便り

1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指しています。 いつまでも健康でいつまでも美しくありたい、心の豊かさがほしい。これこそ、東洋西洋関係なく、全世界人々のテーマです。  皆さんと一緒になって考え、一生一代の人生をエンジョイしましょう。

Entries

医者が教える 老けない食事術 パート4

 ウナギ、鶏肉、マグロなどの肝臓や筋肉に多く含まれる「カルノシン」という物質は、極めて強い抗酸化力を持っています。
「AGE」も強力に抑えられます。
こうした「天然の抗酸化物」とも言うべき食材を摂ることで、私たちの身体に発生する活性酸素が取り除かれ、
老化を抑制することが期待できます。

pic03.jpg
池田鍼灸治療院HPへ


 ビタミンの代表格とも言えるB群の中で、とくにB1とB6に、強い「抗AGE力」があります。
「ビタミンB1」の一日の必要量は、男性で1.4ミリグラム、女性で1.1ミリブラム。
欠乏すると、足のだるさや倦怠感の襲われます。「脚気」になります。
「ビタミンB1」を多く含む代表的な食品は豚肉、ウナギ、玄米、そば、大豆、レバー、鶏肉などです。
 一方、「ビタミンB6」の必要量は、男性で1.4ミリグラム、女性で1.2ミリグラム。
「ビタミンB6」は腸内細菌の合成によってつくられるので、不足することは少ないですが、抗生物質の使用などで腸内環境が悪くなれば足りなくなります。
欠乏すると舌炎・口内炎・口角炎などが現れます。
様々な食品に広く含有されており、とくにカツオ・マグロ・サーモン・ナッツ類・肉・野菜・バナナ・ニンニクなどに多く含まれています。
 これらのビタミンB1・ビタミンB6を積極的にたくさんとることがAGEを抑え、
老化防止につながるのです。

ビタミンB1多い食材2ビタミンB6多い食材
池田鍼灸治療院HPへ


スポンサーサイト
*CommentList

医者が教える 老けない食事術 パート3

 シワやシミといった肌の老化現象は、まさに「AGE」の仕業です。
私たちの体にあるタンパク質の70%はコラーゲンです。
コラーゲンは3本の糸のような繊維からなり、それらが伸び縮みすることで弾力を保っています。
ところが、「AGE」がくっつくことで自由な動きができなくなり、弾力が失われてしまうのです。
すると、そこにシワができ、「AGE」が溜まったところは茶色のシミとなります。
これが肌の老化現象です。
 また、吹き出物やニキビは、「糖質」の過剰摂取が原因です。
過剰な「ブドウ糖」が中性脂肪に換えられたものが皮膚に溜まっているのが、ニキビです。
「ニキビができちゃったから油ものを控えて、ごはん、パン、麺類を食べようか」は逆効果です。
かえって悪化させることになります。
Fotolia_133276027_Subscription_Monthly_M-400x300.jpg
池田鍼灸治療院HPへ
 4つの要素がAGEを溜めます。
 1、高血糖
  糖質の過剰摂取で血糖値が上がれば、それだけブドウ糖も溢れ、タンパク質や脂肪と結合してたくさんの
 AGEをつくります。
 2、AGEの多い食べ物
  調理法でAGEは変わります。
 調理するなら水を使って「蒸す」「茹でる」「煮る」などがお勧めです。
 すなわち、AGEsを増やす調理法は次の順番になります。
 生 → 蒸す → 茹でる・煮る → 炒める → 焼く → 揚げる
 ファストフード(fast food)とは短時間で調理された手軽な食事のことです。すなわち、ハンバーガー、
 ホットドッグ、フライドチキン、フライドポテトなどに代表される食品はAGEが多いです。
 また、人工甘味料の「果糖」入りの飲料水にも注意が必要です。
 3、紫外線
  紫外線がシワ、シミの原因になるのは、AGEが強力に増すからです。
 日差しが強いときはUVカットのクリームなどを忘れずに塗りましょう。
 4、タバコ
  煙草を吸うと、30分くらいで体内にAGEが増えてきます。
 健康のために禁煙は必須です。
image001-48.jpg

池田鍼灸治療院HPへ

*CommentList

医者が教える 老けない食事術 パート2

「AGE」で注目したいのは調理法です。
たとえば、同じ分量の鮭でも、生で食べるよりフライにすると激増します。
「AGE」は高温で調理することで大きく増えるのです。
一番いいのは生、火を通すなら煮るまたは茹でるがよく、焼く、揚げるでだんだん「AGE」が増えていきます。
 酢が血糖値の上昇を抑えてくれます。
他にも酢には、食品中の「AGE」を下げてくれる効果がります。
たとえば、魚を食べる時に、油で揚げた状態だとかなりAGEが高くなるのですが、
それをマリネして南蛮漬けにすると、酢の力で「AGE」はが減ります。
また、生の肉を単純にグリルすると「AGE量」は5倍に増えます。
ところがグリルする前に酢に漬けると「AGE量」は半分以下に下げることができます。
酢やレモンを上手に調理に使うことでかなりAGEが減らせます。
酢やレモンは、血糖値もAGEも抑えてくれる非常に優秀な食材ですから、
普段から食卓に常備しておき、調味料代わりにどんどん使いましょう。
20180420154420851029826184880711142299.jpg
池田鍼灸治療HPへ
 「コレステロール値」が高いと動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞など、命に関わる病気の罹患率も増えていきます。
だからコレステロールは問題視されているわけですが、「コレステロール」と一括りしてしまうのは間違いです。
コレステロールには、善玉HDLコレステロール悪玉LDLコレステロールあります。
「LDL」の中でも問題なのが「AGE化LDL」「酸化LDL」です。
私たちの身体を老化させる「糖化」「酸化」が、コレステロールには問題起きているのです。
こうした変性した「LDLコレステロール」が血管壁に溜まることが、動脈硬化を推し進めます。
また、体中の細胞に慢性的な炎症を起こし、癌をはじめとする重大な病気を呼ぶことになります。
 だから、卵などコレステロール値の高い食品に気をつけるよりも、
糖化・酸化という老化作用にストップをかけることこそ重要です。
山盛りのご飯を食べるより、卵を数個食べた方がコレステロールにも良い状態を保つことになります。

0485310.jpeg
池田鍼灸治療HPへ

*CommentList

医者が教える 老けない食事術 パート1

私たちはブドウ糖と酸素を結合させてエネルギーを生み出しており、その過程で糖化と酸化は同時に起きます。
同時に起きるということは、同時に悪化するし、逆に同時の予防も可能だということです。
つまり、AGEが増えないようにすることで、糖化はもちろん、酸化もそれだけ抑えられている、
すなわち老化を遠ざけていると考えればいいのです。
 「糖尿病があると、あらゆる病気の発症率が増える」と言われていますが、正確に言えば、
「血糖値が高くてAGEが作られやすい状態が、あらゆる病気を招く」ということです。
つまり、肥満になるような食生活が、老化も病気も作り出しているということなのです。
多くのビジネスパーソンが陥っている「太る⇒老ける⇒病む」という負のスパイラルから抜け出すためには、
食生活を変えるしかありません。

 AGEは食品中にも含まれます。
食材のタンパク質や脂肪がブドウ糖と結合すれば、そこにAGEができるからです。
 自分の身体にAGEを増やさないために、食生活で注意すべき点は2つあります。
1つは、AGEを体内で作りだしてしまうような食事を避けること、つまりブドウ糖を余らせてしまう糖質の過剰摂取を避けること。
もう一つは、そもそもAGEが多い食品を避けることです。
甘いもの摂りすぎ
池田鍼灸治療HPへ


*CommentList

医者が教える  なぜ老けるのか?

 私たちが生きるために絶対必要なものが、「ブドウ糖」「酸素」です。
このどちらがなければ、私たちは命を落とします。
しかし、皮肉なことに、「ブドウ糖」「酸素」こそが私たちを老化させる原因ともなっているのです。
 「ブドウ糖」「酸素」が結びつくことで、水と二酸化炭素とエネルギーが生産されます。
この過程で、ブドウ糖が原因の「糖化」、酸素が原因の「酸化」という悪い作用が起きます。
糖化も酸化も、私たちの身体をあちこちを傷つけ老化させます。
生きていることそのものが、「糖化」「酸化」の原因になるのですから、生まれた瞬間から老化し始めているわけです。
「酸化」は、身体が錆びるこであり、「糖化」は身体が焦げる状態だと思ってもらえばいいでしょう。
 「糖化」はタンパク質や脂肪がブドウ糖と結合することで劣化する反応のことです。
タンパク質や脂肪がブドウ糖と結びつくと、AGEという質の悪い物質ができます。
「AGE」は、タンパク質や脂肪を変性させます
たとえば、皮膚のコラーゲンが変性してシワやシミを作りますし、
血管のタンパク質を変性させれば固く切れやすくなってしまうわけです。
いわゆる動脈硬化を起こします。
また、「AGE」が発生したことをキャッチしてマクロファージなどのAGE受容体が生じることで細胞が炎症を起こします。
こうした慢性的な炎症は、あらゆる病気の原因となると考えられます。
AGEはこのように体内でもつくられる一方、食品にも含まれます。
とくに、こんがりと焼けた焦げのような部分に多く含まれます。
13068.jpeg
池田鍼灸治療院HPへ

*CommentList

ご案内

プロフィール

池田鍼灸治療院

Author:池田鍼灸治療院
1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指していますのでお気軽にご来院ください。
当院では、人間も自然の一部とする一元論的存在論を基盤とする東洋医学
身体と心は別々であるという二元論の理性的・合理主義を基盤とする西洋医学
東洋医学と西洋医学の融合点を見出し、患者様を治癒せしめるよう努力してまいります。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

おすすめ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR