池田鍼灸治療院便り

1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指しています。 いつまでも健康でいつまでも美しくありたい、心の豊かさがほしい。これこそ、東洋西洋関係なく、全世界人々のテーマです。  皆さんと一緒になって考え、一生一代の人生をエンジョイしましょう。

Archive [2014年01月 ] 記事一覧

月経異常(月経不順) パート4

月経異常について、3回にわたり、西洋医学と中医学の両面から「月経とは?」「月経周期」「月経血量」について述べさせていただきました。今回は、最後のまとめとして、治療、予防について述べさせていただきます。ストレスを避けダイエットは適正に 月経は、精神状態に左右される部分が意外に多いものです。そこで、体調を整え、ストレスをためこまないことが、月経のトラブルを予防するキーポイントになります。過労や睡眠不足...

月経異常(月経不順) パート3

● 月経血量  月経血量はかなり個人差があり、平均50g~60g、正常範囲は20g~140gとされていますが、これを測定するのは難しいものです。量の多い2~3日目に、一日数回ナプキンを交換する程度なら正常と考えられます。● 過少月経月経血20g以下の場合をいいます。月経2~3日目のナプキン交換が、一日一回で済むなら過少月経といっていいでしょう。 卵巣の原因があって排卵がなかったり、黄体ホルモンの働きが悪くなる場合と...

月経異常(月経不順) パート2

月経周期について考えて見ましょう。 月経とは、周期的に子宮内膜がはがれて出血し、膣から体外に排出される現象です。まず、脳の視床下部から性腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌され、その刺激で、下垂体から卵胞刺激ホルモンが放出されます。これを受けて、卵巣から卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌されます。 血中のエストロゲンを感知すると、視床下部から性腺刺激ホルモン放出ホルモンを分泌します。すると下垂体は黄体...

月経異常(月経不順) パート1

 女性に一番気をつけてもらいたいのは[月経]です。しかし最近の女性は、自分の「月経」のサイクルや「月経」の状態をきちんと把握していない人が多いです。 中医学の問診では必ず女性に「月経」のことを尋ねます。なぜなら月経の状態は女性にとって健康のバロメーターであり、私たちの気づかない体の大切な情報を教えてくれるからです。 今日から血の色、量、周期、おりものの状態をチェックし、その時の体の状態、例えば、吐き...

月経痛(生理痛)

月経痛(生理痛)に悩まされる方は多いと思います。ある程度、痛みがあるのは普通ですが、不摂生をすると体のバランスが崩れ、ひどい月経痛(生理痛)を引き起こします。月経痛を避けるには日頃から月経を正常に保ち、生活の中で体のコンディションを整えるよう心がけることが大切です。しかし同じ痛みでもその原因は人によって違います。中医学では大きく3タイプに分けられ、処方もそれぞれ違います。これを「同病異治」といいます。●...

冷え症

●生活の不摂生に要注意!!! 最近、若い女性に漢方の関心が高まり、よく相談を受けます。その約70%が「冷え症」を訴えますが、その原因として考えられるのが生活の不摂生です。例えば冬にミニスカートを履いたり、襟元のあいた服や小さい下着を身に着けたり、夏冬かまわず冷たいものをたくさん飲んだり、食べたりするといったことです。 特に食事との関係は気をつけなければいけません。冷たい物の摂り過ぎや季節に不相応な食...

熟年期からの養生

 近年は鍼灸・漢方による治療も増えています。鍼灸・漢方は長期間治療服用しても副作用が少なく、治療後も効果が続くなどの利点があり、優しく体を癒す効果があるからでしょう。 病気、特に持病の大半が複雑で、時間をかけて生まれたものなので治療には長くかかります。しかも鍼灸・漢方は自然治癒力を引き出し、体の免疫力を高めて病気を治すため、効果もゆっくりと現れることが多いのです。しかし、単純で時間の経っていない病...

ご案内

エキテン 口コミ

プロフィール

池田鍼灸治療院

Author:池田鍼灸治療院
1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指していますのでお気軽にご来院ください。
当院では、人間も自然の一部とする一元論的存在論を基盤とする東洋医学
身体と心は別々であるという二元論の理性的・合理主義を基盤とする西洋医学
東洋医学と西洋医学の融合点を見出し、患者様を治癒せしめるよう努力してまいります。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

おすすめ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR