池田鍼灸治療院便り

1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指しています。 いつまでも健康でいつまでも美しくありたい、心の豊かさがほしい。これこそ、東洋西洋関係なく、全世界人々のテーマです。  皆さんと一緒になって考え、一生一代の人生をエンジョイしましょう。

Archive [2014年03月 ] 記事一覧

更年期障害 パート1

「更年期」とは、一般的には閉経をはさんだ前後約10年間を指します。現在、日本の女性は平均49歳~51歳で閉経になるといわれていますから、45歳ごろから55歳くらいまでの間が更年期ということになります。 更年期を迎えると、女性のからだに女性ホルモンの急激な減少という大きな変化が訪れ、ときには心身両面にさまざまなトラブルをもたらします。こうした更年期特有の症状を「更年期障害」といいます。    卵巣は「エストロ...

超浅刺いいな!!

 先日、愛知県鍼灸専門師会 学術部長 村田守宏先生より、「超浅刺」という技法を教えていただきました。「超浅刺」とは、針を鍼管を利用し、刺入5㍉で、1分間500~600回、細かく回旋させる技法です。 「超浅刺」は首藤傳明先生が考案された技法です。首藤傳明先生は「経絡治療」の中に、先生特有の「超浅刺」を考案され、現在も「首藤鍼灸院」として開業されています。地元だけでなく、県外からも、遠く海外からも治療を...

妊娠 パート3

昔は、難産になると大変危険だったうえ、母子の死亡率も高かったので、「いかにして丈夫な子を安産させるか」がとくに重要視され、そのための「中医学」が発達しました。 ちなみに、漢方薬処方及びツボ刺激(鍼灸)により、妊娠の「血と水」を改善して心身のバランスを調えるなどの効果が得られます。一方、胎教のためには、昔から「心の状態を調えることが大切」とされてきましたが、中医学は、妊婦の心の安定に役立ちます。こうし...

妊娠 パート2

妊娠中は、中医学では「水と血」のバランスが乱れやすく「水血証」、むくみ・めまい・つわりなどの水毒症状が出ることが少なくありません。また、妊娠中や出産直後は出血なども多く、「血」の異常「お血」が発症しやすくなります。 こうした妊娠中や産後の健康問題には中医学が効果的です。中医学には、産前・妊娠中・産後の母体の健康維持と、丈夫な赤ちゃんを安産するための「安胎」というすぐれた対策があり、これをきちんと続...

妊娠 パート1

妊娠は、排卵と射精、受精、着床という段階で成立します。女性は、思春期を迎えると、ほぼ4週間ごとに左右の卵巣から交互に1個ずつ排卵し、子宮に向かって進みます。 一回の射精で放出される精子は2億~3億にのぼります。この膨大な数の精子は膣、子宮、と上に向かって卵管内に入ります。 卵管膨大部で、卵子の中で、一つの精子の核と卵子の核が融合し、受精が完了します。 受精卵は盛んに細胞分裂を繰り返しながら3~4日で子宮...

ご案内

エキテン 口コミ

プロフィール

池田鍼灸治療院

Author:池田鍼灸治療院
1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指していますのでお気軽にご来院ください。
当院では、人間も自然の一部とする一元論的存在論を基盤とする東洋医学
身体と心は別々であるという二元論の理性的・合理主義を基盤とする西洋医学
東洋医学と西洋医学の融合点を見出し、患者様を治癒せしめるよう努力してまいります。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

おすすめ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR