池田鍼灸治療院便り

1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指しています。 いつまでも健康でいつまでも美しくありたい、心の豊かさがほしい。これこそ、東洋西洋関係なく、全世界人々のテーマです。  皆さんと一緒になって考え、一生一代の人生をエンジョイしましょう。

Archive [2015年01月 ] 記事一覧

ストレスに負けない食事術 パート4

胃炎・胃潰瘍等で、胃が痛い時は、無理せず何も食べなければ良いのです。この絶食によって、疲れた胃はしばらく休息を得ることができ、傷ついた潰瘍の細胞の修復に専念することができます。 何も食べない。無理せず、ただ消化管を休ませる。これがきちんと実践できれば、体調管理は十分にできます。疲弊した消化管は元気を取り戻し、元通りに働くようになるでしょう。  夕食を摂ると副交感神経が優位になり、眠くなります。特に...

ストレスに負けない食事術 パート3

「カフェイン」もストレスの大敵です。「カフェイン」はアルカロイドの仲間であり、広い意味では「麻薬」なのです。つまり、程度の差こそあれ、依存性があります。 「カフェイン」の含まれる飲料としては、コーヒー・緑茶・紅茶・ココア・コーラ・スタミナドリンクなどが挙げられると思いますが、どれも麻薬の仲間なのだと考えてください。 もちろん、ほんの一杯程度であれば、眠気がとれてスッキリし、リラックス効果なども得ら...

ストレスに負けない食事術 パート2

「ストレス」が生じたとき、私たちの体は健気に対処してくれます。「副腎」という臓器から男性ホルモンの一つである「アンドロゲン」が分泌されます。この「アンドロゲン」は、闘争と逃走の二つの意味があります。 男は男性ホルモン、女は女性ホルモンによって身体の恒常性を維持していますが、戦ったり逃げたりするような緊急事態には、男性ホルモンが必要です。緊急事態には非常用の男性ホルモンが女性でも分泌されます。  敵...

ストレスに負けない食事術 パート1

「ストレス」とは、1935年、ハンス・セリエ医師が提唱した説のことです。人体に影響を及ぼす外的な刺激を「ストレッサー」、それに対する生体内の歪を「ストレス反応」としました。私たちの体には、体内の環境を一定に保とうとする「恒常性」があります。この「恒常性」が崩れた状態が「ストレス反応」です。  「ストレス」には善玉と悪玉の二つのタイプがあります。一つは、プラスに働く「ストレス」で「ユーストレス」といいま...

謹賀新年

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。旧年中は格別のご愛願を賜りましたことを心より厚く御礼を申し上げます。 本日、熱田神宮と国府宮に初詣し、破魔矢と御札を受けてまいりました。 正月は、一年の節目であり、人生の節目と考えています。その節目ごとに神社に参拝したり、わが家の神様に手をあわせて、「生かされていることに感謝し、天地自然に感謝の気持ち」を伝え、自分自身に誓う儀式だと思います。 また正月は、一年の終...

ご案内

エキテン 口コミ

プロフィール

池田鍼灸治療院

Author:池田鍼灸治療院
1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指していますのでお気軽にご来院ください。
当院では、人間も自然の一部とする一元論的存在論を基盤とする東洋医学
身体と心は別々であるという二元論の理性的・合理主義を基盤とする西洋医学
東洋医学と西洋医学の融合点を見出し、患者様を治癒せしめるよう努力してまいります。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

おすすめ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR