池田鍼灸治療院便り

1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指しています。 いつまでも健康でいつまでも美しくありたい、心の豊かさがほしい。これこそ、東洋西洋関係なく、全世界人々のテーマです。  皆さんと一緒になって考え、一生一代の人生をエンジョイしましょう。

Archive [2016年07月 ] 記事一覧

ジョギングよりウォーキング

5000万人以上が運動を日常に取り入れている  週1回以上、1回30分以上の運動を実施している人は、なんと全体の56.4%にも達しています。これは、実に5000万人以上の日本人が週1回以上の運動を日常に取り入れているということです。なかでも50代以上の運動実施率はとても高く、週2回以上、1回30分以上、運動強度はややきつめという「アクティブ・スポーツ人口」でも、50代が48.2%、60代では54.3%、そして70代以上でも45.2%もあるとい...

早朝のラジオ体操は危険!!!

メディアで健康情報が溢れる時代です。テレビはじめマスコミなどが勧める方法で筋トレや運動をしているのに、どうも調子がよくない、かえって具合が悪くなったという人が、急増しています。 筋トレが健康の秘訣というのは本当ですが、どういう筋トレをするかが問題です。腹筋運動ばかりを続けても、重要な足腰の筋肉はほとんど鍛えられません。長寿のために始めるなら、まずスクワットです。 週に2~3回で良いので試してみてくだ...

「はげ薬」で ガンになる!!

アレルギー性鼻炎やアトピーでしばしば処方される「セレスタミン」も注意が必要です。これは「抗ヒスタミン剤」と「ステロイド」の合剤だからです。実は長時間作用型ステロイドの「リンデロン」が入っており、副腎の働きを抑えてしまうからです。半年、一年と長期間使って薬をやめると、自前のステロイドホルモンが出なくなっているために、禁断症状として血圧が下がってショック状態になることがあります。また、糖尿病の患者が使...

新しい薬が新しい病気を作る

 「鬱病」は「心の風邪」といわれるほど一般的な病気になったが、患者の増加は「SSRI」という新しい「抗うつ剤」が生まれた90年代に重なります。海外でも日本でも、「SSRI」が出てから鬱病患者が2倍、3倍と増えていったのです。現代社会は何かとストレスが多く、気が滅入ることも多いです。そこで心療内科に出向くと、「心の風邪ですね」と言われて「SSRI」を処方されます。「SSRI」は「セロトニン」という脳内物質に関わる薬で、...

ご案内

エキテン 口コミ

プロフィール

池田鍼灸治療院

Author:池田鍼灸治療院
1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指していますのでお気軽にご来院ください。
当院では、人間も自然の一部とする一元論的存在論を基盤とする東洋医学
身体と心は別々であるという二元論の理性的・合理主義を基盤とする西洋医学
東洋医学と西洋医学の融合点を見出し、患者様を治癒せしめるよう努力してまいります。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

おすすめ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR