池田鍼灸治療院便り

1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指しています。 いつまでも健康でいつまでも美しくありたい、心の豊かさがほしい。これこそ、東洋西洋関係なく、全世界人々のテーマです。  皆さんと一緒になって考え、一生一代の人生をエンジョイしましょう。

Archive [2016年08月 ] 記事一覧

白内障の手術で失明の危険性も

目のレンズにあたる水晶体が白く濁り、ものが二重にぼやけて見えるようになる「白内障」。著しく生活に支障が出る場合を除き、基本的に手術は避けるべきです。リスクとしても、最も考えられるのが、水晶体を取り除き、人口レンズを入れる時に、レンズを支える水晶体の後ろの膜が破れ、眼球の中の硝子体が流れ出してしまうこともあります。腰や膝の場合は補助器具がありますが、目はもし失敗したら取り返しがつかないです。容易な気...

五十肩は手術では治らない

40代から50代に多い、「関節リウマチ」。この病気もやはり、人工関節の手術はやめたほうがいいです。人工関節を入れると、静脈血栓症になるリスクが高まります。そのため、抗血栓薬を一生、飲み続けなければならず、若い人にとってはかなりの負担になります。 腕が上がらなくなる「五十肩」は辛いです。だが、いくら痛いといっても、医師が勧めるままに手術をするのはこれも危ないです。「五十肩」もそもそもの原因が判ってい...

手術したら、痛くなる 腰痛・ひざ痛

 手術を受けたら、さらに症状が悪化することがある、その最たる例が「腰痛」です。60歳以上で、「腰痛」に苦しんでいる人は、日本全国に多くいます。だが、治療のため腰の手術を受けた人からは、「手術しなければよかった。」「手術前より痛みがひどくなった。」という声が多く上がっています。 今は腰を伸ばす「マッケンジー体操」や関節の動きをよくする「AKA」といったマッサージや「鍼灸」をすることで、痛みを緩和してい...

手術のせいでEDに!!!

 尿が上手く排出できなくなる、一日に何回もトイレに行きたくなる頻尿などの症状が出る「前立腺肥大症」は。55歳以上の男性のうち5人に1人が罹患しているとも言われ、一昔前は、手術で切るしか治らないと言われていました。だが、それはもはや古い話です。 「前立腺肥大症」は、それぞれの年齢も違えば、体つきも違いますし、症状も違います。その人にあった治療が必要になってきます。当然、全ての人に手術が必要というわけ...

半身浴? それとも全身浴

「早寝・早起き」ほど常識になっていないが、近年、ブームになった健康法の中にも落とし穴があります。 ふくらはぎを揉むという健康法が近年、大きな話題を集めました。高血圧・糖尿病・アトピーや癌など万病を遠ざけるというのです。しかし、これは危険な極論です。ふくらはぎを揉むこと自体は、健康法としては理にかなっています。心臓から送り出された血液は、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たして、足先から心臓に戻され...

ご案内

エキテン 口コミ

プロフィール

池田鍼灸治療院

Author:池田鍼灸治療院
1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指していますのでお気軽にご来院ください。
当院では、人間も自然の一部とする一元論的存在論を基盤とする東洋医学
身体と心は別々であるという二元論の理性的・合理主義を基盤とする西洋医学
東洋医学と西洋医学の融合点を見出し、患者様を治癒せしめるよう努力してまいります。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

おすすめ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR