fc2ブログ

池田鍼灸治療院便り

1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指しています。 いつまでも健康でいつまでも美しくありたい、心の豊かさがほしい。これこそ、東洋西洋関係なく、全世界人々のテーマです。  皆さんと一緒になって考え、一生一代の人生をエンジョイしましょう。

Archive [2021年08月 ] 記事一覧

こわくない頭痛   頭痛持ちの頭痛(一次性の頭痛)

  一次性の頭痛持ちの頭痛は、特に病気で起こるわけではない「こわくない頭痛」です。代表的なものとして、片頭痛(偏頭痛)、緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。片頭痛(偏頭痛) ズキンズキンと痛むタイプの頭痛で、多くは頭の片側に起こります。発作的に起こり吐き気を伴ったりする、とてもつらい頭痛です。身体を動かすのが辛くなり、光や音の刺激で悪化したり(光過敏・音過敏)、匂いに敏感になったりします。周期的に起こり...

痛みの原因をあぶり出す

「痛み」は体の不調を察知する最初の信号であり、それが神経痛なのか、内臓の痛みなのか原因は様々です。そこで、痛みの種類や症状からその原因を考えてみましょう。 たとえば“ピリピリ”“ビリビリ”の場合、何らかの理由で神経が圧迫・刺激されている可能性あります。 また“ズキズキ”という痛みなら、炎症が起きている可能性を考えられます。“ズンズン”とか“ズーン”という鈍痛の表現なら、痛みの原因となる異変が体内の深い場所、...

身体の痛みは内臓疾患の予兆である

 外部から刺激を受けない内臓には痛覚神経が乏しく、内臓そのものが痛みを発するときには病気が相当進行している場合が多いです。 痛みの少ない内臓疾患を事前に判断するのに参考となるのが、病気の初期段階に起きやすい「関連痛」です。 「関連痛」が起こるメカニズムとしては収束投射説が有力です。内臓から疼痛を伝えてきた神経が、脊髄で皮膚といった他部位から痛みを伝えてくる神経とまとめられて脳に投射されるためとされ...

人はなぜ痛くなるのか  そのメカニズム

 痛みがあると辛い思いをします。痛みをとるのに随分長い期間がかかる人もいます。しかし、私たちが痛みを感じることが出来なければ、怪我を何度も繰り返す可能性があります。または一生回復できないダメージを負ってしまうこともあります。痛みは、わたしたちに身体がダメージを受けていることを知らせるための防衛反応です。つまり、痛みは私たちの身体を守っているのです。 痛みは(疼痛)、「侵害受容性疼痛」と「神経障害性...

ご案内

プロフィール

池田鍼灸治療院

Author:池田鍼灸治療院
1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指していますのでお気軽にご来院ください。
当院では、人間も自然の一部とする一元論的存在論を基盤とする東洋医学
身体と心は別々であるという二元論の理性的・合理主義を基盤とする西洋医学
東洋医学と西洋医学の融合点を見出し、患者様を治癒せしめるよう努力してまいります。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

おすすめ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR