fc2ブログ

池田鍼灸治療院便り

1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指しています。 いつまでも健康でいつまでも美しくありたい、心の豊かさがほしい。これこそ、東洋西洋関係なく、全世界人々のテーマです。  皆さんと一緒になって考え、一生一代の人生をエンジョイしましょう。

Archive [2021年12月 ] 記事一覧

本年も格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

池田鍼灸治療院患者様 今年も残すところあとわずかとなりました。本年も格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。来年も、皆様にご満足頂ける治療を心がける所存でございますのでより一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。なお、誠に勝手ながら、年末年始は下記の日程で休業させていただきます。年末年始休業 2021年12月30日(木)~2022年1月4日(火)まで休業中の急患につきましては、できる限り、対応させていた...

天気が悪いと、古傷が痛むのはなぜ???

気象の変化によって症状などが悪化する病気を「気象病」と呼びます。めまい・狭心症・低血圧・喘息(ぜんそく)・うつ病などのもともとの病気があって、気象の変化で悪化することを含みます。気象病の中に、天気痛と言って、天気によって出たり消えたりする痛みがあります。これは、普段から痛みの原因を持っている人で、頭痛・首や肩の痛み・関節痛・交通事故のあとのムチウチの痛み・過去の怪我や手術による傷あとの痛みなどが、...

漢方の考え「気・血・水」

体を構成する要素「気・血・水」漢方では人の体は「気・血・水」によって成り立っていると考えます。 「気」とは人間の体を動かす根源となるエネルギーで、血液や水、臓器を動かし、自立神経系や内分泌系をつかさどる働きをもちます。 「血」は体内にある赤い液体を指し、全身に酸素や栄養を運んだり、ホルモンバランスの調整もしてくれます。 「水」は体内にある透明な液体、つまり鼻水や尿、リンパ液などの体のあらゆる水分を...

不安になると痛くなる

心理的な原因による痛みとはストレス社会の中では、様々な心理的要因が私たちの痛みを引き起こしている場合があります。身体的には異常がないのに、痛みに関わる神経経路にも異常が見られないのに、 ストレスに関連して痛みが生じるのです。痛みは確かにあるのに、病院で検査しても異常が見つからないので、患者さんは不安を感じたり、混乱されたりします。また、本当に痛いのに、ご家族や職場から理解が得られなかったり誤解され...

ご案内

プロフィール

池田鍼灸治療院

Author:池田鍼灸治療院
1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指していますのでお気軽にご来院ください。
当院では、人間も自然の一部とする一元論的存在論を基盤とする東洋医学
身体と心は別々であるという二元論の理性的・合理主義を基盤とする西洋医学
東洋医学と西洋医学の融合点を見出し、患者様を治癒せしめるよう努力してまいります。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

おすすめ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR