fc2ブログ

池田鍼灸治療院便り

1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指しています。 いつまでも健康でいつまでも美しくありたい、心の豊かさがほしい。これこそ、東洋西洋関係なく、全世界人々のテーマです。  皆さんと一緒になって考え、一生一代の人生をエンジョイしましょう。

Archive [2023年04月 ] 記事一覧

漢方の暮らし 第21話 なぜか些細なことでイライラしたら

 いつも穏やかな人でも、この季節だけは何となくイライラすることありませんか? 年度の変わり目には、入学、入社、人事異動など行事が多く、環境の変化、三寒四温などの温度の変化が身体の自律神経を乱します。そのため、ストレスによる身体の変化が多くなる季節です。 怒りを心の中に抑えて我慢する人、外にそのまま表す人、怒りの感情に負けて落ち込んでしまう人・・・・いろいろな方がいます。 漢方では、そのようなイライ...

スペシャルオリンピックス日本・愛知. 第11回ジョギングフェスティバル

 22日土曜日、パロマ瑞穂レクリエーション広場で、 スペシャルオリンピックス日本・愛知. 第11回ジョギングフェスティバルに参加してきました。 私は、当日参加者のコンディショニングのお手伝い救護にあたらせていただきました。 障がい者と健常者が一緒になって、同じグランドを楽しく駆け回っていました。 障害がある、ないにかかわらず、すべての人が助け合い、共に生きていく社会をつくるということは、人々の生活や心に...

漢方の暮らし 第20話 五月病はなぜおこるのか

 5月の連休後に、「気分が落ち込む」「なんとなく体調が悪い」「気力がわかない」「眠れない」「食欲がない」などの心身の症状が現れることがあります。これは一般的に「5月病と」呼ばれています。 「適応障害」や「うつ病」と診断されます。4月に進学や就職、転勤や異動など大きな環境の変化を経験した人に起こりやすいため、一般的に5月病と呼ばれています。 漢方では五臓(肝・心・脾・肺・腎)の肝は、春の季節、性質は「木...

「倫理経営講演会」

 4月20・21日「倫理経営講演会」「モーニングセミナー」に於いて、玉寿司四代目社長 中野里陽平様、東洋ホールディングス会長 秋葉邦男様の講演を聴講しました。 ご両名の講師が共通して話されたことは、、「万人幸福の栞」の教えに基づいて日常生活や業務を行っていれば、幸せが訪れ明朗愛和となり、経営力が磨かれることを実践経験で証明され、莫大な負債から立ち上がり、社会に信用される企業に成長した内容でした。「苦難福...

漢方の暮らし 第19話 目の周りがかゆくなったら

 目の周りがカサカサしてかゆみが強い人は、普段から潤い不足の方が燥邪に襲われた人です。身体の余分な熱を取り除き、身体に潤す必要があります。 肌に潤いを与える食品  ・ ゆり根、クコのみ実、松の実、蓮根など白い食べ物  ・ スッポン、エビ、アワビ、帆立、牡蠣、豚肉、鴨など必須アミノ酸の豊富なタンパク質  ・ 杏子、レモン、葡萄、など酸っぱく甘いもの  ・ スイカ、胡瓜、トマトなど夏にとれる野菜、果物...

漢方の暮らし 第18話 鼻水が黄色くなり、鼻詰まりに悩んだら

 鼻が詰まって眠れない。肥満気味で汗かきの方や、手足が熱く暑がりの方のタイプは。 身体に熱を持つ原因はたくさんありますが、その中でも「湿熱」という症状の方が多い傾向にあります。 脂っこいもの、甘いもの、香辛料、アルコールなどを取りすぎると、身体は血や水の循環が悪くなって、身体に余分な水と熱が溜まってきます。熱のために鼻腔が腫れて、熱と湿のために鼻汁がドロドロになっている状態です。 肺や鼻の炎症を抑...

漢方の暮らし 第17話 鼻水とクシャミが止まらなかったら

 布団から出たとたんにクシャミを連発して、鼻水が出てくるという人は風寒や風湿の襲われやすい体質の人です。身体が冷えている人や、身体の水はけが悪い人が出やすいのです。寒湿というタイプの方です。このような方には、肺や胃を温めて、症状を抑え、冷え性や水はけを改善する漢方治療や食品があります。 朝など寒さがクシャミを連発する人は、まず身体を温める食材を続けてみてください。 ・ ネギ類や生姜、ニンニクなど身...

漢方の暮らし 第16話 漢方で花粉症を治すには

 漢方では、「花粉症」の原因は「風邪」と防衛力の戦いと考えます。 春の既設の季節の花粉症は主に風が運んでくる寒さや湿度、乾燥、暑さなどが原因になると考えます。風寒、風燥、風熱などです。しかし、人間の身体にはそれらの邪に対する防衛力が備わっているのです。 主に働くのは、「衛気」と「営気」です。「衛気」体の表面を流れて体を防衛し、「営気」は体の内側を流れて栄養を運んでお互いに協力して身体を守っています...

漢方の暮らし 第15話 花粉症は免疫の暴走

 そもそも「花粉症」はなぜ起こるのでしょうか? アレルギー反応は、体に入ってくる怪しい異物(抗原)に対して体内でそれを防ごうとする自衛力(抗体)で起こります。「抗原抗体反応」です。 人間には、体の中に細菌などの有害なものが入ってくるとそれを排除する仕組みがあるのです。 抗体があるので、軽い病気にはかからないで済んでいるのです。 本来、花粉は人にとって有害なものではありませんしかし、アレルギー体質の...

ご案内

プロフィール

池田鍼灸治療院

Author:池田鍼灸治療院
1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指していますのでお気軽にご来院ください。
当院では、人間も自然の一部とする一元論的存在論を基盤とする東洋医学
身体と心は別々であるという二元論の理性的・合理主義を基盤とする西洋医学
東洋医学と西洋医学の融合点を見出し、患者様を治癒せしめるよう努力してまいります。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

おすすめ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR