fc2ブログ

池田鍼灸治療院便り

1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指しています。 いつまでも健康でいつまでも美しくありたい、心の豊かさがほしい。これこそ、東洋西洋関係なく、全世界人々のテーマです。  皆さんと一緒になって考え、一生一代の人生をエンジョイしましょう。

Archive [2023年11月 ] 記事一覧

漢方の暮らし 第61話 秋は辛いものほどほどに 酸っぱいものをたくさん

 食べ物にはそれぞれの季節ごとに、健康に良いと言われる「五色」と「五味」があります。秋の色は「白」、味は「辛」です。 辛味は「五臓」の「肺」に働きます。辛い食べ物は身体を温めて血行を良くし、発汗を促進したり、「血」や「気」を巡らせる働きがあります。晩秋の寒さが加わる頃には、葱・生姜・葫・胡椒・紫蘇・唐辛子・八角など辛いもので温めてあげると「肺」の働きが良くなります。 また白い食材は「肺」を潤してく...

漢方の暮らし 第60話 立冬の日には

 秋もいよいよ深まって、晩秋の色が濃くなってきました。一年のサイクルを一日に例えると、冬は真夜中、春は朝方、夏は真昼、秋は夕方の時期に相当します。立冬は夕方を過ぎてそろそろ寝る支度をする頃になります。 免疫力アップには夜中のゴールデンタイムに良い睡眠をとって身体をメンテナンスすることが必要です。立冬は良い睡眠のための準備期間といえるでしょう。 一日の寒暖差が最も大きくなるといわれる季節です。職場や...

秋の養生

 生活における養生として秋はあくまでも物事を整理したり、仕上げたりする時期と認識し、無理に新しいことを始めてエネルギーを過度に消費しないこと、と中医学の古典でもいわれています。 トラブルの起きやすい「肺」を補う食材としては、れんこん、トマト、百合根、白きくらげ、白ごま、豚肉、梨、柿、ぶどうなどがオススメです。白色の食材は体に潤いを与え、乾燥の害から体を守ってくれるものとして分類されることが多いので...

漢方の暮らし 第59話 乾燥は「外」からと「体の中」から

  夏には多すぎる湿気のために、胃腸の働きが悪くなり、水捌けが悪くなったり、血がドロドロになったりする不調に悩まされました。 寒湿と湿熱があるように、乾燥にも外からの乾燥と、体の中からの乾燥があります。 秋の季節に起こる外からの乾燥を「外燥」といいます。 一方、夏に汗をかきすぎたり、寝不足や冷房による身体の冷えなどが続くと、身体のラジエーターの機能が悪くなって肌荒れや風邪ひきが起こるようになります...

倫理歴5年 波瀾万丈人生

本日、名古屋市中央倫理法人会MSの場で、久しぶりに会員スピーチをさせて頂きました。 ありがとうございました。◆倫理歴5年で、いろんなことがありました。私は五十代で再婚しました。すると娘も息子も再婚することになる。この先が不安になると富士研(富士高原研修所)に行くチャンスがあり。受講していて仲間に心境を話すと、倫理指導をすすめられて、倫理指導を受けることができました。答えは「そのまま行きなさい」とのこと...

漢方の暮らし 第58話 新型コロナウイルスには「衛気」と「営気」

 身体の基本物質とされる「気」には、「宗気」「衛気」「営気」「元気」という4種類の「気」があります。  ・ 「衛気」は寒邪・燥邪・湿邪・熱邪など外界からの影響や、ウイルスや細菌から身体を守っている   防衛隊です。  ・ 「営気」は身体の隅々まで栄養分を運んで「元気」をいじしてくれている衛生兵です。  ・ 「宗気」は主に呼吸を行ったり血を身体中に巡らすための気といえます。   その他にも身体を動か...

ご案内

プロフィール

池田鍼灸治療院

Author:池田鍼灸治療院
1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指していますのでお気軽にご来院ください。
当院では、人間も自然の一部とする一元論的存在論を基盤とする東洋医学
身体と心は別々であるという二元論の理性的・合理主義を基盤とする西洋医学
東洋医学と西洋医学の融合点を見出し、患者様を治癒せしめるよう努力してまいります。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

おすすめ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR