fc2ブログ

池田鍼灸治療院便り

1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指しています。 いつまでも健康でいつまでも美しくありたい、心の豊かさがほしい。これこそ、東洋西洋関係なく、全世界人々のテーマです。  皆さんと一緒になって考え、一生一代の人生をエンジョイしましょう。

Archive [2024年02月 ] 記事一覧

漢方の暮らし 第76話 自律神経はバランスが大事

 自律神経は心臓の拍動や呼吸、胃腸の消火などを担当している神経です。自律というように、昼も夜も規則正しく、私たちの意志と無関係に働いています。そうでないと、そそっかしい人がうっかり呼吸を忘れてしまったり、心臓を止めてしまったりしたら大変なことになりかねますからね。 昼間は明るい日光の「陽の世界」で「交感神経」が働き、夜は暗い「陰の世界」に入って昼間の活動をメンテナンスするために、「副交感神経」が勝...

漢方の暮らし 第75話 すべてのものに「陰」と「陽」がある

 「あなたは陰気な方ですね」といわれたら、どう思いますか?あまりいい気がしないという方が多いかもしれませんね。人間の場合は、暗い人より明るい人の方が好印象です。 しかし「陰」は、なくてはならない必要なものなのです。 それでは具体的に「陰」と「陽」についてみていきましょう。例えば、一日で考えると太陽が出ている間は「陽」になるので積極的に行動し、太陽が沈み暗くなると「陰」になるので、睡眠に備えてカラダ...

漢方の暮らし 第74話 寒熱のルール

 漢方では、普段家庭で使われているような食材についても、いくつかのルールがあります。その一つが「寒熱」のルールです。 具体的には、身体の不調が起こったときに、その原因が「冷え」からきているのか、「熱」からきているのかを判断する必要があるということです。 西洋医学でも腰痛や膝の痛みの場合に、温湿布か令湿布かを使い分けます。しかし生理痛や腹痛の場合は主に痛み止めの薬が処方され、寒熱の区別を確認されるこ...

漢方の暮らし 第73話 立春の日には

 立春は冬から春に変わる喜ばしい日といわれています。冬に眠っていた動物は冬眠から覚めて、草花は地面から顔を出し始めるころです。 旧暦の頃は立春の日が一年の始まりと考えられていたといいます。つまり、立春は正月に当たり、前日の節分は大みそかになります。 中国では春節といって、日本の正月に当たり、連休になり、爆竹を鳴らしてお祝いします。 節分には、新しい年に鬼が来ないように豆まきをしますが、この豆を年の...

漢方の暮らし 第72話 冬は鹹味の食品・黒い食べ物でアンチエイジング

 五臓の関係でいうと冬は「黒い食べ物」と、「鹹味」がお勧めです。 「鹹味」とは、「塩味」のことです。いわゆる精製した塩ではなく、海からとれる塩の味です。 「鹹味」は、かたくなったしこりを柔らかくする働きがあります。身体を潤して気持ちや熱を静めたり、解熱作用や便秘にも良いとされています。「鹹味」は、「五臓の腎」の働きを良くするとされているのです。 漢方では、「腎」は成長と発育、ホルモンの分泌などの役...

ご案内

プロフィール

池田鍼灸治療院

Author:池田鍼灸治療院
1986年開業以来、地域の皆様の健康を祈り、清潔で明るく感じの良い治療院を目指していますのでお気軽にご来院ください。
当院では、人間も自然の一部とする一元論的存在論を基盤とする東洋医学
身体と心は別々であるという二元論の理性的・合理主義を基盤とする西洋医学
東洋医学と西洋医学の融合点を見出し、患者様を治癒せしめるよう努力してまいります。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

おすすめ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR